公務員制度に強いFP相談サイト|公務員のためのマネーライフクリニック


セミナー講演依頼はこちら


1月11日号(今年の経済はどうなる!?)

新年あけましておめでとうございます。
お正月はどのように過ごされましたでしょうか?
大晦日や正月もお仕事の方がおられたと思います。
本当にお疲れ様です。
今年も皆様に有益な情報を伝えて参りますので、
どうぞよろしくお願い致します。
新年号は「今年の経済はどうなる!?」です。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

さて昨年は、
世界的に政治経済の流れが大きく転換した年ではなかったでしょうか?
例えば、6月にイギリスが国民投票でユーロ離脱(通称:Brexit)、
11月にアメリカ大統領選挙でトランプ候補者の勝利 等々
多くの方が予測したものとは逆になり!?
政治も経済も大きく揺れました。
この結果に至った要因はいろいろあるようですが、
一つは世界グローバル化の進展によって経済格差が広がり、
ポピュリズム(大衆迎合主義)が引き起こされたためと言われております。
貧困層の不満が高ぶり、深刻な社会問題が勃発するリスクは
今後も大きな懸念材料と言えるでしょう。
日本においては、比較的政治が安定しているものの、
グローバル化した世界経済の中では
他国の社会問題とて、日本経済に影響を及ぼすのです。

 

現時点、昨年比で大幅な円安です。
今年3月期は多くの企業が好決算を迎え、
春闘の賃金交渉も良い結果が出ることでしょう!?
結果、公務員の給料も上がるため、
日本経済は少しずつ良くなっていくと思われます。
しかしながら今後とも
大きく世界情勢が変わる可能性がございますので、
そうなっても動じないよう、
しっかりとご自身のライフプランを考えていくことが重要です。
皆様にとって良き1年になりますよう、
心から祈念申し上げます。

関連ページ

4月6日号(値上げの春について)
円安や資源高の影響で原材料コストが増え物価が上昇しております。例えば、オリーブオイルは4月から約10%上昇、サラダ油も値上です。家庭用の海苔においては平均15%値上げ、また5月からは、ティッシュ・トイレットペーパーなどの家庭用の紙製品も10%以上値上げされます。これらは円安や資源高だけでなく、物流費高騰も要因のようです。電気料金も10社そろって値上げ。マイナス金利の影響から生命保険の保険料も相次いで値上がりです。
3月3日号(地方銀行がなくなる!?)
地方銀行がなくなる!?地域で大きな存在感を示す地銀(現105行)も、これからは大幅に減少していくでしょう。各都道府には地銀本店が複数行存在するところがあり、例えば、福岡県・静岡県や他13県。少子高齢化の急速な進展や地方経済の疲弊等により経営環境はかなり厳しい状況にあり、今後地方銀行の統合は進むでしょう。森金融庁長官も地銀の数を半分にすると言い切っているようです。その証拠に、金融業界に衝撃的な報道が出されました

TOP サービス案内 セミナー講演依頼 よくある質問 運営会社の概要 お問合わせ